Worry woman is short hairs

避妊失敗に備えて

a gir isl fearing

通常の避妊薬というのは性行為をする前に使用します。しかし、アイピルの場合、性行為の後に使用します。ただ、緊急用の避妊薬となりますのでセックスをする度に使用するということはできるだけ避けましょう。
実際、アイピルを使用している多くの理由は「コンドームの破れ」のようです。最近、コンドームは装着感をなくすために薄型になってきています。そうしたことが破損の原因になっているのかもしれません。また、コンドームが破れてしまったという理由以外にも膣外射精、コンドームが膣内で外れてしまった・残ってしまったという理由が挙げられます。
どういった理由であれば、性行為をしてから72時間以内に服用すれば避妊効果を得ることができます。

性行為をしてから服用するまでの時間が短ければ短いほど高い避妊成功率となります。24時間以内に服用すれば100%に近い確率で避妊が成功します。72時間以内でも75%以上と高い避妊成功率があると言われています。正しく服用すれば、ほぼ確実に避妊をすることが可能となっていますので、緊急用としてアイピルは常備しておくべきでしょう。

正しく服用することで体にも負担をかけることなく安心して避妊をすることが可能ですが、毎回アイピルで避妊をするのではなく、もしものときに使用しましょう。最近では通販でアイピルが購入できるようになっていますので、病院へ行かなくても手に入れることができます。「妊娠してしまうようなセックスはしない…」あなたがそう思っていても、いつ何があるかわかりません。通販であれば決して高くはありませんので購入しておきましょう。