Worry woman is short hairs

女性ホルモンを調節

the pills

アイピルを常に携帯しておくことで、もしも…というときでも妊娠を防ぐことができます。女性からすると非常に心強い存在のアイピルですが、毎回性行為をするときに服用するのは健康に影響が出てしまう恐れがあります。しかも、副作用が起こりやすい体質の女性であれば、できるだけアイピルは服用したくないもの…。
そこで、緊急用に服用できるアイピルと低用量ピルを使い分けるようにしましょう。

低用量ピルというのはアイピルのように1回服用するだけで避妊効果が得られるというものではありません。性行為の有無に関わらず毎日決まったタイミングで服用する必要があります。しかし、低用量ということでアイピルに比べて副作用は少ないです。そして、避妊効果も高いです。ですから、マメなタイプ、確実に避妊をしたいということであれば低用量ピルを服用するという選択肢もあります。

また、低用量ピルというのは女性ホルモンの分泌を安定させる効果がありますので、女性特有の生理痛、イライラ、不眠などの症状を軽減させることができます。そのため、避妊目的ではなく、生理痛軽減のために服用しているというような女性も多いです。

アイピルも低用量ピルも個人輸入代行サイトを利用することで病院へ行く必要がありません。毎回病院へ行くのは面倒ですし、お金もかかります。時間もお金もムダにしないためにも個人輸入代行サイトで賢く買い物をしましょう。
女性ホルモンと上手に付き合うことで、より女性として人生を謳歌することが出来るでしょう。